地域密着型サービス評価ホームページ 評価でGO!ネット

地域密着型サービス評価ホームページ 評価でGO!ネット

特定非営利活動法人 地域生活サポートセンター 評価推進プロジェクト

地域密着型サービスのサービス評価について評価調査員研修評価調査員研修・事業所学習会・シンポジウムのご案内
評価機関情報調査研究事業関連書籍・パンフレットのご案内

調査研究事業関連

現場の具体的な実践を知ることで、地域密着型サービスの質についての理解を深めよう!

平成25年度老人保健健康増進等事業(厚生労働省)について、ご紹介します。
(内示日:平成25年5月31日) 

地域密着型サービスの質向上のためのサービス評価制度のあり方に関する調査
研究事業

事業の目的・内容

○サービス評価の現状とその効果、ならびに課題について検証することをとおして、サービス評価制度のあり方そのものについて検討を行うことを目的とします。

○また、上記の検証結果に基づき、効果的に外部評価を実施するための評価機関・評価調査員の要件を明らかにし、全国レベルで評価調査員の均質化を図るための人材育成プログラムの開発ならびに評価機関の質向上に関して取り組むとともに、サービス評価の理解と活用に向けた啓発、情報提供を行います。これらによって、地域密着型サービスの質の確保・向上に資することを本研究事業の目的とします。

本調査研究事業では、主に次の3つの取組みを実施しています。
1)サービス評価制度の現状把握、効果と課題の検証
2)検証結果に基づく評価機関・評価調査員の均質化の促進
3)検証結果によるサービス評価の理解と活用に向けた啓発、情報提供

当地域生活サポートセンターは、グループホームのサービス評価の創生期から関係者との連携、調整を重ねて制度全体の普及と推進を一貫して担って来た経験を有しており、その経験を基礎とし、全国の事業所が確実に利用者本位の良質なサービスを確保していくことを目指して、この事業に取り組みたいと考えています。

<ご参考>検討委員一覧(敬称略、五十音順)
【委員長】
杉山 孝博 社会医療法人財団石心会 川崎幸クリニック 院長/
公益社団法人認知症の人と家族の会 副代表理事

【委 員】
岩尾 貢公益社団法人日本認知症グループホーム協会 理事
玉村 雅敏慶應義塾大学 総合政策学部 准教授
永田 久美子認知症介護研究・研修東京センター 研究部副部長
堀田 聰子独立行政法人労働政策研究・研修機構 研究員
水井 勇一加賀市医療提供体制推進室 専門官
宮島 渡全国小規模多機能型居宅介護事業者連絡会 副代表
山梨 恵子株式会社ニッセイ基礎研究所 生活研究部 准主任研究員

このページのトップへ

 
Copyright © 特定非営利活動法人 地域生活サポートセンター 評価推進プロジェクト