地域密着型サービス評価ホームページ 評価でGO!ネット

地域密着型サービス評価ホームページ 評価でGO!ネット

特定非営利活動法人 地域生活サポートセンター 評価推進プロジェクト

地域密着型サービスのサービス評価について評価調査員研修評価調査員研修・事業所学習会・シンポジウムのご案内
評価機関情報調査研究事業関連書籍・パンフレットのご案内

地域密着型サービスのサービス評価について

サービス評価の概要

1.サービス評価 誕生の背景と歩み

1999年、認知症ケアの切り札として登場したグループホームは、介護保険で居宅サービスの1つとして位置づけられ、また「ゴールドプラン21」で具体的な目標数値があげられました。その一方で、事業理念や運営方法の普及、人材育成の遅れなど、グループホームを取りまく環境は易しいものではなく、サービスの質をいかに確保していくかが重要な課題となりました。こうした背景のもと、全国痴呆性高齢者グループホーム連絡協議会(現、公益社団法人日本認知症グループホーム協会)では、事業者を中心に、行政、地域関係者、そして利用者家族が一丸となった質の確保・向上のシステムづくりを目指しました。その柱の一つが「サービス評価(自己評価・外部評価)」です。3年にわたるモデル事業を経て、2001年度に自己評価が、2002年度に外部評価が制度として義務づけられ、我が国初の評価制度が誕生しました。
宅老所・グループホーム全国ネットワークによるモデル事業(2004、2005年度)の取り組み後、「地域でその人らしく暮らし続ける」ことをめざした「地域密着型サービス」創設によって、小規模多機能型居宅介護もサービス評価に取り組むことが義務づけられました。

認知症ケアに取り組んできた現場の事業者が大きな牽引力となり、サービス評価は現在、全国的にも安定して取り組まれ、質の向上のための一つのツールとして確実に定着しつつあります。今後も、サービスの質向上のために事業者によってつくられてきた「サービス評価の理念の原点」を忘れずに、地域密着型サービスにかかわるすべての方がともに歩みをすすめていくことが期待されています。

ayumi

このページのトップへ

 
Copyright © 特定非営利活動法人 地域生活サポートセンター 評価推進プロジェクト