評価でGO!ネットブログ 〜いま、現場から〜

    現在、実りある外部評価にむけて、地域にねざした推進役・研修講師を評価調査員の中から養成するためのモデル事業を行っています(平成24年度の研究事業の一環)。サポートセンターが実施または都道府県に協力している評価調査員研修の場にて、外部評価の経験を積み重ねてこられた評価調査員の方々に、推進役・研修講師役をご担当いただくとともに、これらに関するさまざまな要件の検証にご協力いただいています。詳しくは年度末の事業報告書等でご報告しますが、この先駆けとして、評価調査員研修(フォローアップ研修)にてご協力いただいた評価調査員の方々(評価機関職員を兼務)のお声の一部をご紹介します。

    (地域生活サポートセンター事務局)


    yotuba
  • [2012-12-26] 評価調査員からのメッセージ


    調査員が日ごろ感じていることを互いに話せる機会を増やして、これからにつなげたい

    公益財団法人 いきいき岩手支援財団
    小笠原 洋美


    講義では、「評価調査員の役割、めざすこと」をもう一度原点から考えるべく、調査員としての個々の役割や、求むべき姿を分かりやすく、共通認識をもって臨んでいただきたい旨を伝えようと思い、取り組みました。

    実際に担当してみて、調査員の経歴や(調査員の)経験年数の違いなどからも、根本的な考え方や考えている方向性の違いを感じ、お伝えしたいことが伝わっているのだろうか、と不安に感じました。とはいいながらも、こうしたお話を通じて、調査員のキャリアの違う人同士の意見交換の場の確保にはつながったように思います。

    今後こうした講義を担当するには、最新の制度や関係省令等の知識を深める必要性と、講義等を行うにあたっての進行(内容構成)についての組み立てについてもっと学ばなくてはいけないと感じました。

    日々活動する中で、評価調査員同士の意見交換の機会や互いのやり方への助言等の機会がもっと多くあればいいと思います。評価機関の担当者としての思いでもありますが、フォローアップ研修だけでなく、日ごろの実践で感じていることを話せる機会を持つことで、調査員の「質」を向上させ、さらに調査員としての深みをもっていただく機会を活かしていけるように、これからを考えていきたいです。

    yotuya2